下手だと思っているのは自分だけ

絵を描く人は、他人の絵も沢山見ていると思う。

私も例に漏れない。

ましてや、

イラストの専門学校に行ったもんだから、

絵がうまい人なんか周りにごまんといるし、

「ちゃんとした絵」がどんなものかも、骨身に染みて解っている。

その「ちゃんとした絵」を描けるようになるためにはとんでもなく努力が要るのだけど、そこにたどり着く前に息切れしてしまい、

どこが到着地点なのか分からないまま

描き続けるのは辛くて、結果、

「私は上手い絵がかけない」

となって、苦しんでいました。

好きなことを好きだと公言して仕事にすると、逃げ道がなくなってしまい、怖いなとずっと思っていました。

でも、今グラフィックレコーディングを仕事にしようとしたときに、

「上手く描けなかった」と思うのは自分だけ

だと師匠が言っていました。

そうか。

そんなもんなのかもしれない。

あまり気負わずに、やっていこう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました