思いつき

唐突に、完全に、思い付きだけで喋ります。

株式会社 楽しいお母さん

の代表になりたい。

株式会社にする必要があるのかどうかわからないんだけど、なんか語呂がいいから。

色々考えるんだけども、私、お母さんや、お母さんになる人に、寄り添いたい。

この時代、子供を産むのはコスパが悪いと思う。

それでも、子供を産んで、親子をやって、夫婦をやって、オンナもやってる、お母さんの肩書きを持つ人たちの多面性、多様性、そして、それに対しての、世間から見た、画一的なイメージ。

ホントにそうなんだろうか。

良妻賢母以外のお母さんのイメージを、皆が持ってもいいじゃないか。

常々思うのだけど、ヒットするマンガ作品には、お母さんの影は薄い。

それは、お母さんは、生活感があって、地味で、保守的なイメージだから、

主人公が何かするときの足かせになりがち。

ワンピースも、NARUTOも、BLEACHも、ドラえもんや、アンパンマンでさえも、お母さんの影は薄い。

ホームドラマのクレヨンしんちゃんや、サザエさんには、辛うじて出てくるけれど。

私自身、母親との仲は良くない。

姑との仲も良くない。

お母さんという存在が嫌いなまま育ってしまって、自分がお母さんになってしまい、かなり困惑した。

お母さんってなに。

メディアの中のお母さん象は、また詳しく書きたい。


雑記
スポンサーリンク
\ シェアありがとうございます /
SATO NAOMIをフォローする
SATO NAOMI Blog

コメント