マンガ自己紹介:消化器外科がオススメするアロマの効用

アロマって、いい匂いがするし、
なんか色々効能があるらしいけどよくわからない、という
超絶アロマ初心者の佐藤です。

アロマインストラクターであり、アロマセラピストである
橋川智子さんから色々なお話を伺いました!

今回のオーダーは
「サロンに飾っておいて、こんな人なんだーってわかりやすくなれば」
ということ。

智子さんが教えてくださる内容は大きく分けて3つ

1・アロマインストラクターとして、
様々なアロマの効用が分かり、最適なアロマを選べるようになる
軟膏やスプレー、ストーンなどアロマを身近に取り入れられるアイテム作り

2・アロマセラピストとして、ご自宅でアロママッサージを行い、
体の不調、心の不調を癒やす

3・潜在意識アロマ+アファメーション
ご自分の「なりたい状態」を朝晩口に出し、さらにアロマの効果で
自分の「本当の気持」に気づき、すっきりと暮らせるようになる

そしてそして智子さんのすごいところは、
なんと事務職として勤めている医療機関(消化器外科)の先生からの紹介で
アロマを薦められ、ご自身でも効果を実感して
すっかりハマってしまったとのこと。

お勤めされている消化器外科では、
当然お腹が痛くて来院する方が沢山いらっしゃいます。

でも、消化器自体は実は全然問題がなくて、
本当は不眠、自律神経系のトラブルで、不安感から腹痛を感じられる方も多いようです。

そんな時、ゆっくり眠れるようになるマジョラムやマンダリンオレンジの香り、
神経を落ち着かせる効果のあるフランキンセンス、
胃腸を整えるパチュリなど、香りが体にすっと入り、とてもダイレクトに作用するようです。

アロマっていい匂いがするだけじゃん?と適当に考えていた佐藤は、
お医者さんが薦めてくれたというところに驚きました。
そういえばイギリスでは医療機関でも活用されていたんだっけ…

慌ただしく働いている女性の方に、
アロマを効果的に使って快適に暮らしてほしいと仰っていた智子さん。

そんな智子さんの、
潜在意識アロマ+アファメーションお茶会の日程はこちらから!

7月23日(火)お茶会詳細


コメント

タイトルとURLをコピーしました