初めてのパリ

記録的な降雪の日に入国

なんだか準備も整わないまま、なし崩し的にパリに行くことになってしまった。

お金もない。

住むところは3ヶ月間は語学学校の寮があるが、それ以降は全くアテもない。

フランス語は驚くほどできない。仏検5級にスレスレで合格したレベル。

初めてのヨーロッパ。

初めての一人海外。

乗り換え含めて、16時間の飛行機。

とりあえず日本を午前中に出発して、時差が約-8時間、夜7時ころにパリに着くはずだった。

しかし。

降雪の為の乗るはずの飛行機が羽田に着かず、羽田で3時間待ちぼうけ。

そのまま、まるまる3時間遅れて、パリに着いたのは夜10時。

乗り換えのコペンハーゲン空港から、迎えに来る予定の語学学校に、遅れる旨を伝えようと思っても、公衆電話が見つからない。見つかっても国際電話のかけ方がわからない。

オシャレで可愛いコペンハーゲン空港。

仕方がないからとりあえず乗り換えの飛行機に乗って、さすが北欧、サーモンがおいしい機内食をいただき、疲労で即、爆睡。

着陸に一切気づかず、ガン寝のアジア人女子を、隣席のジェントルマンが、優しく起こしてくれた。

本当にありがとうございます。

初めてのフランス、シャルル・ド・ゴール空港に、感激する余裕は一切無い。

だって夜の10時ですよ。

空港設備は全て閉店。早く出て行けとばかりに、出口への道筋だけが示される。

迎えに来てくれているはずの語学学校の車は当然居らず、また電話のかけかたも分からない。

絶望的な気分で公衆電話の前に立ち尽くしていたら、

怪しいんだか親切なんだから分からないお兄さんに、繋いでもらった学校への番号。

校長らしき男は、「タクシーで来い!」の一点張り。

頭が混乱している私が、フランス語も分からず、英語もろくに分からないので、タクシー、の語を聞き取るのがやっとだっただけかもしれない。

受話器をおいて、とりあえずタクシー乗り場に…行くか、と動き出すと、
先程の怪しい親切なお兄さんが、
「荷物運んであげるよ、タクシーはあっちだよ」と言って案内し始めた。

もう判断力もにぶにぶになっているので、
そのままその人にお願いし(今考えたら危なすぎる)
普通にタクシーまで送ってもらいました。特に変なお金も取られなかったので、彼はただの親切な人でした。

とりあえずはタクシーで、寮の住所が書いてある紙を運転手さんに渡し、
真っ暗闇の中、パリ市内に向かってもらったのでした。

初っ端から、とんでもないスタートを切りましたが、まだまだ、こんなのは、言葉通りの序の口でした…


コメント